team0x’s blog

since 2019-09 / Copyright 2019. team0 All Rights Reserved. ブログteam0x`s の内容を許可なく転載・転用することを禁じます

青の時代

2022年 10月 8日(土) 中央公民館2階講習室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

 

自分のエネルギーの答え合わせに、ポーラ美術館へ。

ここはキュレーターが素晴らしい。

エネルギー感知がしやすい作品の見せ方も好きだし、

私のヘンテコな質問にもスルリと答えてくださる。

 

1日かけてゆったりと楽しみます。

朝一番に入って、まず眼鏡をかけて一つ一つ丁寧に見て周る。

あっという間にお昼の時間。

国立公園の自然に溶け込むテラスがあり、

木々を通り抜けてくる風や鳥の囀りが滋養を与えてくれます。

「水だけでも満足です」

と言いたくなりますが、

レストランですから、ちゃんと注文していただきます。

 

そして、午後もまた展示に戻り、

午後は、自分のエネルギーレベルを1回づつ変えて5回。

スニーカーですが流石に疲れます。

 

しかし、この見方を始めてから、面白くて面白くて。

確かめに入ると最低4回は周らずにはいられません。

だから、展示が多い所、混んでいる所は無理なのです。

 

今回は、ピカソ

ピカソキュビズムの次元認識の変容はどこでどのように起きたのか知りたくて、

ワクワクしながらやってきました。

 

ところが。

今までのエネルギー感知方法が通用しません。

全ての作品が。

1回目で「あれ?」と思い、

昨夜から食事をしていなかったので、

お腹が空いているせいかもしれない、と。

しかし、食事した後も変わらず。

もしかすると私の調子が変なのかもしれない

と、常設展を見ると、いつもと変わらぬエネルギー感応。

もう、常設してある作品のエネルギー状態は大体覚えているので、

感知に鈍りはありません。

 

作品の前を行ったり来たり、上の階と下の階を行ったり来たり、

何が違うのだ。。。

人がいなくなるのを見計らって作品の前に佇み、

作品と離れ、

ひたすらエネルギーチェック。

 

結果、

ピカソの作品は、通常のエネルギー交流が起きない。

それは、作品と私の間に0地点があるから。

天才です。

エネルギーの。

私は絵のことは全くわかりませんが、

エネルギー凄すぎる。

人間とは思えません。

どうしたらこんな事ができるのでしょうか…

宇宙からの使者でしょうか。

(重ねて言っときますが、色彩とかタッチとか情感とかテーマとか全くわかりません。

エネルギーです)

 

エネルギーの師匠がこんなにオープンにエネルギーを提示してくれていたとは!

でも、これこうした展示方法になっていなければ、

ちょっと気がつかないかも。

 

それは、青の時代とか薔薇色の時代とかキュビズムとか、目に見えるものではありません。

物質としての作品提示の奥にある空間エネルギー立体でしょうか?

これ提示できる人って他にいるのかな?

プラトン

居たらぜひ教えてください。

 

今でも、凄さは周知の所ですが、

人類の次元変換が進んだ時、

あまりに先を歩んでいる事に、

おおっ!
と、驚くことでしょう。

 

f:id:team0x:20221004045346j:image

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

なぜエーテル階層がこんなにも大切なのか

2022年 10月 8日(土) 中央公民館2階講習室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

 

エーテル塾」

という名前をつけるくらい、エネルギーの世界を学ぶのであれば、

エーテル体ダブル・エーテル体の体得状態は必須だと思っています。

概念ではなく体得です。

 

エーテル体ダブルのセンスがなければ、

エーテル体の感知は難しく、

エーテル体というインフラがなければ、

私たち人間は物質としての身体の中で、

自己満足の域を出ないざっくりしたエネルギー知覚に止まります。

様々な周波数を感知し、

流し分けることが難しいと感じるからです。

 

そして、

エーテル体のパーセンテージが上がると、

意識の方向性が変わり、

個としての境界がなくなり、

全てがどうしようもなく繋がり、

それこそがどうしようもなく愛だという事が知りたくなくても分かってしまうのです。

「参りました」です。

そして、これが、架け橋となります。

 

貴方と私

という個と個の中では、

勝ち負け

上・下

正しい・間違え

など違いがあるのが当たり前です。

ですから、ここでは「愛」ですら、

時間や空間の変化と共に

「愛に条件」が生まれ始めます。

それが物質という枠組みのある世界なのかもしれませんね。

一歩下がれば、これがあるから「他」を知る事ができるのですね。

 

そして、さらに一歩下がれば、

貴方・他国・違う思想など自分ではないものすら、

同じフィールドの一部であることを知る事ができる。

 

さらにその後ろにエーテルの世界が存在しています。

ここに辿り着くには、

何か対象が必要となるような、

「何かに勝つ」「正しさの追求」

など、対象を超えるのではなく、

ただ、「自分を超えていく事」

だと思っています。

 

エーテル塾もエネルギーの学校も、

「認めてもらいたい人」には向きません。

「自分を超えるべく自己変容を続ける人」の居心地が良い場所です。

 

 

f:id:team0x:20220926162921j:image

 

 

 

 

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

2022/9エネルギーの学校 

2022年 10月 8日(土) 中央公民館2階講習室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

1日目 チャクラの回転とメビウスの帯

新しい人が入ったので、

数年前に実習をしたチャクラの回転のチェックをしました。

順行逆行をチェックし、

上手くいかない部分にメビウスの帯を付けて、

回転を裏返し、どのようなエネルギー状態になるかチェックします。

 

上手くいっていないのには事情があり、

その部分だけを機会を入れ替えるように逆回転にしても、

全体のバランスは取れないように思います。

大切なのは、

なぜそこが逆回転しているのか内省し、

変容し得るものであれば、今の自分から一歩踏み出す試みをしてみるのです。

一度に全てうまくいく訳ではありませんが、

自分の状態を知るということは、

自分を外から見る視点を持てているということですから、

この試みだけでも自己変容に繋がります。

 

2日目は、

3次元の自分の奥にある「自分」にエネルギーを流し、

そこでゆっくりと揺蕩うワークをしました。

私はどうも効率を重んじる癖があるので、

こうしてゆったりと味わうことこそがエネルギーを浸透させていくという事を

常に思い出していこうと思っています。

 

土日クラスはちょうど台風が近づいてきていて、

杼合わせの時点で通常のエネルギーの流れにはならず、

私たち人間は、実はこうした自然の一部であり、

その影響は当たり前にエーテルラインには到達しているのだということを思い知りました。

台風のエネルギーもお借りできたせいか、

非常にパワフルなワークになりました。

 

平日クラスは数年ぶりに全員対面参加だったので、

ジュニパーを使って、

自分の中の周波数の動きや、滞りを見つけていく試みもしました。

 

f:id:team0x:20220920133009j:image

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

2022/9 地に足をつけ直す・医療従事者クラス・エーテル塾

2022年 10月 8日(土)   中央公民館2階講習室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

・地に足をつけ直す

今月は、「片手clap」天才誕生の瞬間がクラス始まって早々にあり、

彼が今後ギネスに挑戦するかどうか、皆の楽しみが増えました。

そしてまたもや「赤ちゃんでも扱える木片」に翻弄され、

クタクタになりながらも、

この一月の間に、

「自転車」「肩」

など、この鍛錬の中で気づきを得られた参加者のお話を伺うことができ、

さらに深くこの木片に翻弄されながら、

自らの身体の可能性をそれぞれが生み出していく手法を教えていただきました。

 

・医療従事者クラス・エーテル

今月は、フランキンセンス3種を使ったワークを予定していたのですが、

エーテル体ダブルの概念から入り、

エーテル体ダブルの鍛錬までの時間が相当長くなり、

せっかくの精油の味わいが少なくなってしまいましたが、

その短い時間の中でも、

皆の中にプチ変容が起こっていく様子が垣間見られて、

面白かったです。

フランキンセンスは、化粧品にも使われていますが、

香りだけで、美白効果があるとは驚きました。

とはいえ、厳選されたエネルギーレベルの精油であることが必要。

自分で精油を作ってみて思うのですが、

安価では絶対に無理。

一滴に相当な値段がつくのですから、

化粧品にもしも入れ込むとなると天文学的な値段になってしまうでしょう。

 

来月も精油を使ったワークを予定していますが、

もっと面白そうなトピックがあれば、変更します。

 

f:id:team0x:20220912082841j:image

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com

 

2度目のサターンリターン

9月は途中13時で場所移動があります。

地に足つけ直すからご参加の方はお間違えのないように。

2022年  9月10日(土)  9〜13時 中央公民館2階集会室(わら舞)

              13〜17時 中央公民館1階集会室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

 

ふと気づくと、2度目のサターンリターンの時期でした。

 

1度目のサターンリターンでは、

原因不明の頭痛をきっかけにエネルギーの世界に足を踏み入れ、

サターンリターンという節目の重さを深く味わいました。

それまで生きてきた世界とは全く違うエネルギーの世界へ参入してから、

人生の半分を過ごしてきた事にも驚いています。

 

今回、2度目を迎えた事で、

改めて自分の人生を俯瞰する機会を得ました。

恐らく3度目のサターンリターンはこの人生ではないと思うので、

さらに大切に土星のテーマと向き合っていきたいと思っています。

土星は厳しいものと敬遠されがちですが、

新たな世界を開くきっかけとなってくれると確信しています。

 

人生の半分をエネルギーの世界で過ごし、

その殆どの時間、

ずっとエネルギーの事を考え、仮説を立て、実験し、

未知なる世界の探索を行なってきました。

当初は、既成のエネルギー手法をお手本にしていましたが、

ありがたいことに、

沖縄の師匠や小用先生とお目にかかることができて、

独自のエネルギー探究の世界に入ることができました。

「まだある」

「もっとイケる」

今でも毎日そう過ごしています。

 

 

様々なエネルギー界層に身を置き、

その単独での素晴らしさも探究し、味わっていますが、

それと共に、

このところ、この身体の中でそれを味わう幸せも併せて感じています。

人生の半分が過ぎ、

この器ともいつの日にか別れなければならないという事実が近づいているせいでしょうか。

この恩恵を存分に味わいたいのです。

 

この身体があるからこそ、生まれるハーモニー。

身体という器に様々な階層のエネルギーを流し入れ、

それを体現していく喜びはこの上ないものです。

そして、この物質界でしか経験できないことです。

身体と霊性のコラボレーション。

私にとってこれに敵うものはありません

指先一つ動かすだけでも、これは可能になるのですから。

 

その為にも、

この身体という楽器を出来うる限り最高の状態にしておきたいと思いますし、

そこに雑多な感情や想念という雑音を入れず、

様々な階層のエネルギーを濁りのない状態で流し分けていく。

身体という楽器でどんなハーモニーを生み出していきましょうか。

 

「もっと自由に」

 

私の土星のテーマです。

今まで制限をかけていた部分を取りはらい、

更に、多種多様なエネルギーとのコラボを試みていこうと思っています。

 

2013年に沖縄の師匠から、渡された珠

ようやく概念ではなく、エネルギー的な意味が分かりはじめました。

 

f:id:team0x:20220904095224j:image

 

 

 

間にいる人とエーテル体

9月は途中13時で場所移動があります。

地に足つけ直すからご参加の方はお間違えのないように。

2022年  9月10日(土)  9〜13時 中央公民館2階集会室(わら舞)

              13〜17時 中央公民館1階集会室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

 

カプーア流れで、もう一つ。

 

『カプーアはインタビュー(『美術手帖』1999年7月号)において、自身のことを「間にいる人(Mr. Inbetween)」と称し、かつて現代美術の巨匠たちが実践した、「物質がすべて」(ドナルド・ジャッド)と「物質はもっと複雑で大きな物語の記号」(ヨーゼフ・ボイス)の間──抽象と象徴の間で制作をしていると語った。現実と非現実、内と外、2Dと3D、見えるものと見えないもの......。途方もなく両極に離れたものの「間」が、やがて微小な差異しか持たない、限りなく透明に近い境界としての「閾(いき)」に変容する。彼はそのような世界を私たちに提示しているのかもしれない。』美術手帳より

 

これぞこの世でのエーテル体の世界

触れる・触れられるの真ん中

あなたと私の真ん中

息を吸うと息を吐くの真ん中

あらゆることの蝶番の位置

流れゆくエーテルの世界

 

メビウスの帯

とは違う切り口のエネルギーの話

 

 

f:id:team0x:20220825190614j:image

カプーア「スカイミラー」

 

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com

 

メビウスの帯とカプーア

9月は途中13時で場所移動があります。

地に足つけ直すからご参加の方はお間違えのないように。

2022年  9月10日(土)  9〜13時 中央公民館2階集会室(わら舞)

              13〜17時 中央公民館1階集会室  (わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜 

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺などグッズをお忘れなく。

*********************************************************************

 

今月のクラスで使った杼によるメビウスの帯

 

この深淵で永遠とも繋がっているような流れを追っていると、

ふとカプーアの作品が見たくなった。

数ヶ月ぶりのカプーアは、

私サイドのエネルギー認知の変化により、

新たな世界を見せてくれた。

 

古のシャーマンたちにカプーア作品を覗かせたら、

その中に何を見ただろう。

 

そこにあるのは、

認識の法則

物質視覚情報の曖昧さ

エネルギー周波数の変化による意識の変化

 

メビウスの帯の生み出す世界の表現ではないだろうか。

 

カプーアはある作品について

「なにか美しいものを作ることはできないのと同様、精神的なものを作ることはできない。

ただ、そこにある物を認識することしかできないのである」

と言っている。

 

この世には壮大な法則があり、

私たち人間は、

それに気づかず、

小さな巣の中で右往左往する蟻なのかもしれない。

 

私たち人間が曖昧と認識するものが巨大な法則の一部であり、

これは確かだと認識されているものが、

実は小さな範囲内のみ有効な代物かもしれない。

 

メビウスの帯は、

その境界線を味合わせてくれる。

そして、杼によるメビウスの帯のワークは、

それぞれの自己認識の境界を越えることによって、

さらなる世界を見せてくれる。

 

 

 

f:id:team0x:20220825072851j:image

カプーア「無題」霧島アートの森

 

 

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com