team0x’s blog

since 2019-09 / Copyright 2019. team0 All Rights Reserved. ブログteam0x`s の内容を許可なく転載・転用することを禁じます

10月のエーテル塾

 

お知らせ

11日 9日(土15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜  エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

*******************************************************************************

今月のエーテル塾は、

まずご質問を受けるところから始まりました。

地球上で実際にアストラル色の濃い土地やシャーマニズムについて、

沖縄のシャーマニズムについて。

そこに存在するエネルギーについて

などお話ししました。

 

そして、

ヒューマンエネルギーフィールド(HEF)と

アストラルライン、ヴィンテージラインの次元の違いを図解してご説明しました。

トラウマや事故でHEFに何が起こるのか、

肉体を取り巻くエーテル体ダブルとこの世に張り巡らされているエーテルについて

それを取り巻くアストラル体について

コーザル体について

「香り」の様相について

(アストラルワークをするのに適した香りと、アストラルを変容させる香りの違いを体験)

パッケージになっている宗教・修行・ワーク・手法の限界と、

それを超えて自らの本質に向かうという抽象認識の話

 

その後、今回は

ナムカイ・ノルブの「虹と水晶」

第2章 ゾクチェンの教えとチベット文化

を使って声のエネルギーチェック。

ゾクチェンの説明と身・口・意の説明

声のエネルギーの重要性について

 

今回は、

声のエネルギーの変化によってのラポールがいかに変化するかの実験を

ペアになって行いました。

エネルギー変化によって、

如何に目の前の相手が受け入れ態勢を作ってくれるか

交流が生まれるかがよくわかった様です。

テクニックではなく、自らのエネルギー変化によって、

全く違う世界が開けて来ます。

 

自分を変容させることによって

少しづつエネルギー変化を起こせる様になっている様に思います。

来月もまた少し先に進みましょう。

 

f:id:team0x:20191020110541j:image

 

 

 

 

 

blueprintjapan.com

 

 

 

 

オハナ日記

お知らせ

10月19日(土)15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜  エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

 

10月19日(土)エーテル

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

*********************************************************************

数日前から、

その、さらに数日前に地球に訪れた生命体が我が家にやってきました。

小さく、ETの様な表情と動きで私たちを魅了します。

地球にやって来た翌日、

恐らく物質的な視力はついていないと思われますが、

エネルギー視力はどうなのだろう?

と、指先から様々な色を出してみますと、

そのエネルギーを追う様に目を動かします。

これは、楽しい!

 

家にやって来てからは、

どの周波数が一番馴染むのか実験をすると、

仮説通り、

私が顕現できる一番高周波のエネルギーを好みます。

ですから、私はより高度な存在に接する様に

オハナ(地球にやって来て数日の生き物)と接しています。

 

毎日の楽しみはオハナ語の翻訳。

「気が利かないわ、お腹が空いたって言ってるのよ」

「本当に、わからない人たちね立ってユラユラしてって言っているの」

「お尻拭きは使わないで、肌が荒れるでしょ。ぬるま湯で洗ってちょうだい」

「全くこの人たちときたら…」

(昨日、とある場所で

「啓示を降ろされたりするのですか?」

とぶっ飛ぶ質問をされましたが、

啓示を降ろす事など考えたこともありませんが、

オハナ語は喜んで翻訳します)

楽しい時間を過ごしています。 

 

違うバージョンもあるのです。

知っている魂が入ったバージョン。

「その表情は、もしかして◯◯なの?」

「本当ならば何か合図をしてちょうだい」

「あっ、やはりそうなのね。会いたかったわ」

「この間の台風で千曲川が大変だったの」

「小布施のリンゴ畑の被害も甚大で何ができるか考えているの」

永遠にこの会話は続きます。

しかし、地球での保護者の前でやりすぎると怒られるので、

ちょっと隠れてやっています。

 

地球に慣れていないうちが

地球慣れしていない、私の出番です。

 

 

f:id:team0x:20191018082017j:image

 

 

blueprintjapan.com

 

 

 

 

10月のエネルギーの学校 発声と生き方

お知らせ

10月19日(土)15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜  エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

 

10月19日(土)エーテル

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

****************************************************************************

今月の土日クラスはちょうど台風となり、

初めてzoomでのwebクラスとなりました。

それに合わせて内容は座学を中心に行いました。

何冊か選んだ本のページを前もってお送りし、

それを読み合わせますが、

その際に、どの様な発声を使って声を出しているかというチェックをします。

この、エネルギーチェックが実はメインです。

 

声は、その人を表します。

1行読んで貰えば、

その人の身体の姿勢

生き方、

エネルギーの使い方、

硬結、

チャクラの使い方、

エネルギー保有量、

時間との関係性、

など様々なものが見えてきます。

 

それを指摘し修正してもらいながら読み合わせをしていきます。

修正後は、ご本人のみならず参加者全員がその変化を感じることができます。

声の響きが変わるからです。

 

この発声を使って下垂体や松果体を活性化するという意図があります。

発声は生き方を映し出します。

そして、ここから入って、

机上の空論の様なエネルギー状態を

如何に全ての人の身体の中で顕現していくかという仮説を実証していく際の第一歩です。

 

毎回、しつこいようですが、

エネルギーの学校では、

エーテル体鍛錬とYEメソッドを使っての自己の徹見を行なっているので、

様々なエネルギーワークをしても

いつも全員がついてこられる状態です。

このインフラと感情の交通整理を行なっていないから、

多くのエネルギーワークが机上の空論になるのです。

実に地味な作業ですが、

ここをやらない人は、

いつまでたっても、

何をやってもモノになりません。

 

今回使用したテキスト

・バイブレーショナル・メディス

    12章 個人の進化と地球の進化

・新しい時代の教育・光線とイニシエーションより 

    アンタカラナの構築についての章

 

みんなで読み合わせ意見を出し、考えます。

意見を出す事

それについて考えられる事

仮説を立てられる事

その仮説を実証していく事

この力をつけることが何よりも大切だと思っています。

 

さらに、2、3、4チャクラのアストラル様相についての実習・実験をしました。

様々な反応がありました。

これが何に有効なのかこれからデータを集めていきます。

 

宿題は、

エーテル体鍛錬と声の実習で使った発声を生活の中でも試みる事。

 

f:id:team0x:20191017062356j:image

 

 

 

blueprintjapan.com

 

 

 

 

エーテル体を鍛錬してからアストラルを使うの大切

 

お知らせ

10月19日(土)15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜  エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

 

10月19日(土)エーテル

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

**************************************************************************************************

今回の沖縄で、

アストラルに対する偏見が取れたので、

今まではセッションでしか使ってこなかったアストラル領域のエネルギーですが、

ここ数日、自分のエネルギー体で実験しています。

 

とても面白いのが、

以前自分のアストラル体の実験をした時には、

明確な他のエネルギー体との区分けをしようとも思わなかったのですが、

その区分けができるようになっている事。

そして、それによって掴み所のないアストラル体を自由に動かせる様になっている事を感じます。

エーテル体のラインが

より繊細で濃密に構築されているところにアストラルのエネルギーが乗るのですから、

その濃密な滑らかさは、

「自分の身体を楽しむ」

事を教えてくれます。

同時に複数のエネルギー体でのハーモニーを楽しめるのです。

 

時には力強く、

時にはゆっくりと濃密に、

時には優しく愛撫するように、

アストラルの質を変えていくと、

身体の内部がどんどん変化していきます。

 

先週無理な姿勢で久しぶりにぎっくり腰になったのですが、

金曜日のお稽古した後、

アストラル体で遊んでいたら、あっという間に治りました。

「インフラの構築をした後に水を流す」

ですね。

 

枕難民の私は、

朝起きると身体を調整するのにいくつかの運動をしていたのですが、

ここ数日は、1つ1つの筋肉の中にアストラル体のエネルギーを動かす様にしています。

滑らかな動きがあっという間にできるようになります。

 

アストラル体を使うのには順番がある」

 

これが今回の大きな学びの1つです。

アストラル主体だと、とらえどころがなく濃密さも加わりませんが、

エーテル体でインフラを強化しておくと、

実に効率よくアストラル体が利用できます。

どうしてこんなに私たちの身体は無限に面白いのでしょうか。

 

今日も佳き日になりますように。

 

f:id:team0x:20191016074320j:image

 

 

blueprintjapan.com

 

 

 

 

パッケージ化されたアストラルの世界と自分のパッケージ

お知らせ

10月19日(土)15:10〜

             小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

         11:00〜  

              エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

お申し込みは、

yuki(アット)yuki yamamoto.info まで。

(アット)を@に変えてください。

 

10月19日(土)エーテル

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

*****************************************************************************************

今回の沖縄では、

「自分のパッケージが見ている世界を限定する」

という事を改めて感じ、大いに反省しました。

「沖縄はアストラルの周波数が優位である」

事は、

師匠と出会った時から感じていた事ですし、

師匠との再会から暫くは、

アストラルの存在との交流を受け入れないことで、

起き上がれない程の酷い頭痛に襲われていました。

沖縄に行くとこうしたアストラルの存在との攻防戦がよくあるので、

少々苦手だったのです。

 

今回は、初めていくつかの人のあまり訪れない御嶽を案内していただきました。

 

(この「人のあまり訪れない」というのが、とても重要だと思うのですが、

人が入ると、どうしても入った人たちの想念がエネルギーとなって残ります。

これは、世界中どこへ行っても同じ事で、

有名になればなるほど、

本来のエネルギーからは遠ざかります)

 

そこで、ゆっくりと時間を取って過ごしてみると、

表面的にはアストラル優勢なのですが、

自分の周波数を変えていくと、

存在の周波数も変わっていくのです。

私が

沖縄=アストラル

という枠組みを手放していなかったという事です。

確かに、土地のエネルギーはアストラルが優勢なのですが、

存在そのものは、それぞれの周波数体を持っていて、

こちらがどの様なアプローチをするのかによって、

見える情報が違うのです。

 

「アストラルだけにしか存在しないエネルギー」は、

私たち人間が想念で作り出したものだけなのではないでしょうか?

何処かからやってきたものは全て意図があって訪れていて、

それをアストラルの周波数で捉え固定化されているのでは?

 

 

表面上は伝説であっても、

その存在の背景にはもっと深い存在理由があるのが今回わかりました。

語り継がれてきた伝説は、

おそらく手付かずのままアストラルチックな伝説として残っているとしたら、

その背景は?

これからが、ますます楽しみになってきました。

 

そして、自分がまた一つパッケージを手放すと、

通常の意識もアプローチできる範囲も変わってくる事も、

またとても楽しい事。

クラスやエーテル塾で、

しつこいほどパッケージを外すワークをしていますが、

その先には本当に考えてもみない様な世界が広がっていると思います。

 

「苦手パッケージ」の下には、

ものすごく大きなプレゼントが詰まっています!

 

今週末のエーテル塾でも大いにパッケージを見つけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

blueprintjapan.com

 

 

f:id:team0x:20191015073116j:image

 

沖縄 今日は私のテスト

3日目は、通常の人が行かない御嶽にご案内くださるとの事。

10時に先生のお宅に伺い出発です。

向かう先がどこかわからないので、

先導していただく車にピタリとついていきます。

 

まず、1箇所目。

伝説にもなっている場所。

ご一緒くださったUさんはその伝説の子孫にあたるとの事です。

なんと光栄な事でしょう。

「山本さん何が見えるかな」

とプレッシャーがかかります(汗💦)

 

お椅子までご用意くださり、

座って手を合わせると

細面の美しい女神が現れ、

ため息まじりのような透明感のある美しい声でお話くださいます。

全ては天の計画通り、それを人間が各地に伝説として残しているが、

その計画は、過去ばかりか今後、先まで見越しているとの事。

人間の時の長さと、

あちらの時の長さは違うのですね。

その他、諸々お話を伺って、見えた事聞いた事をご案内くださるお二人にお話しします。

「目」が胸に落ちたせいか精度が上がってる事を自分でも感じます。

 

「ほぉ、なるほど。ウンウン。では2箇所目にいきましょう」

と2箇所目。

 

ここは、普通御嶽があるなんて誰も気づかないような場所を入っていきます。

(本当にありえない場所)

そして、「ここは面白いよ」

と含み笑いしながら椅子を並べてくださいます。

 

また、手を合わせて目を閉じると、

今度出てきたのは、

先ほどとは全く違う様相の方。

ミ・実・身を守る存在。

何故ご自分がそういった存在になったかなど経緯をお話くださり、

私の身(身体)も見てくださいます。

「首の調子が良くないのですが」

と申し上げると、

「その原因は、肝臓の数値と左の腎臓」

と言っていきなり千手菩薩のような手が沢山出てきて調整してくださると、

あらら不思議!

あっという間に肝臓の調整が成され(動くから)、

左の腎臓も動きまくります。

最終的に首が楽。

すごいんですから。

 

この方のお話はとても面白かったです。

目を開けて、

お二人に見たこと聞いた事をお話します。

 

「では、3箇所目に行きましょう」

3箇所目は普通の神社の裏側にある場所です。

入っていくと中心部ではなく、脇の方のエネルギーがとても強くなっているので、

そちらに向かい手を合わせます。

すると、

ここでは誰も出ていらっしゃらない代わりに、

洞窟の通路を追っていくと、どんどん先まで続いています。

何処にたどり着いたかはお話できませんが、

私がヒマラヤに行く事になった経緯と繋がり、

そして、師匠の元にお連れした仏像とも繋がり円環ができました。

 

「今日は朝、絶対ここに連れてくるようにと言われていたんだよ」

との事。

そして、

「いつもとは全然エネルギーが違うね。すごいパワーだ」

と仰っています。

 

見たこと聞いた事をお話すると、

再び、ウンウンと頷かれていらっしゃいました。

 

見聞きしたのもはご期待に沿ったものでしたでしょうか・・・

 

と聞く勇気もありませんでしたが、

とにかく楽しい1日でした。

 

f:id:team0x:20191006070053j:image

 

(ここで見た存在は土地がらアストラルの領域での見え方が優勢でしたが、

実際の仕事をしている領域はアストラルではなく、

やってきた領域もアストラルではなく、

今後の計画もアストラル止まりではないようです。

今回勉強になったのはこの辺りの事です)

 

お昼ご飯は、

Google先生に教えてもらった本格的なニューオリンズ料理。

初めていただくものばかりで、とても美味しかったです。

ハラペーニョが入ったコーンブレッドの美味しさは格別ですし、

デザートのベニエも最高でした。

来ている方は基地の方ばかりでメニューも日本語はありません。

 

f:id:team0x:20191006081716j:image
f:id:team0x:20191006081725j:image

 

 

 

 

お知らせ

10月19日(土)15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜  エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

 

10月19日(土)エーテル

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

 

 

blueprintjapan.com

 

 

 

 

沖縄 エネルギーの流れを見極める

みなさま、ごきげんよう

沖縄の師匠に初めてお目にかかったのが14年前。

再開が7年前。

節目の年周りになりました。

Yちゃんがまとめてくれたあの頃の様子を読み返すと、

沖縄関連ブログ | ブループリント協会

エゴイズム満載ですが懐かしく想い出されます。

 

さて、この日は師匠のお宅に伺ってまず美味しいお昼ご飯をご馳走になりました。

昼食後、先生と2人で御火ヌ神をお参りに行きましたが、祭壇のある引き戸を開けた時、

風が流れ、その風の流れは顕在意識には上がってこない何か深い部分に触れて

涙が溢れました。

 この感覚久しぶりです。

 

その後、皆が待つ、地の神々の御嶽をぐるっと廻り

天の領域まで上がらせていただきました。

最近は天の領域まで上がる事が少なくなりました。

今回は、上でお話があるとの事。

香炉の前に座り、

言葉とエネルギーをいただきます。

今回は、師匠のお宅も立つ軸にジーチカシラがいらしたのが見えたのですが、

この香炉の前では、

また違う存在が見えました。

その様子をお話すると、

「今日はここまでと思っていたけれど、奥まで行くようですね」

と、

さらに奥の御嶽まで上がります。

(これは私のテストでした)

 

7年間通ってきて、

この奥の中に座ることは初めてでした。

上から降りてくる言葉とお力をそれぞれいただいた後、

私は動けなくなります。

私が目を閉じると見つめ返してくる目の周りに太陽の光のような玉のエネルギーが取り囲み、

身体の下方に向かってゆっくりと降り始めているからです。

数日前から続いているエネルギー頭痛が少しづつ楽になってきます。

目を取り囲む光の玉は胸へと収まり、

ようやく動けるようになりました。

頭はより一層研ぎ澄まされた感じです。

 

f:id:team0x:20191005085537j:image

 

f:id:team0x:20191005085545j:image

 

先生のお宅を後にして、皆で選んだ御嶽に行こうとしてもどうしても辿り着きません。

それでもスルスルと連れていかれた場所が、

ヌヌチガマ

ここで頂いたお力を足から流すように指示されます。

皆で足からお力を地に流します。

するとどうでしょう。

益々お力で満たされていくのです。

 

その後は、海の音と川の流れ、滝の音が同時に存在している場所へ。

これも上の指示です。

誰もいないこの場所で、

この異なる水のエネルギーを自らの中で感じるように指示され、

静かに時を過ごしました。

帰りの車の中で、皆のエネルギーが軽やかになっている事を確認しました。

「このお力が慣れるまで1週間はかかる」

と言われていましたが、

どうやら大丈夫そうです。

 

f:id:team0x:20191005085557j:image

 

私たちの欲望は尽きることを知らないので、

先生のところで大きなお力をいただきながらも、

それを味わうことを忘れ、

ついつい「もっともっと」と要求します。

しかし、

それを身の内で感じることをしなければ、

どんなお力でも通り過ぎて行ってしまいます。

夕食時に話を聞いてみると、

先生が手渡してくださったお力を頂いた実感のある人が1人もいませんでした。

7年の中で最高のエネルギーにもかかわらず!

誰も、実感がなかったのです。

 

しかし、

ある意味御嶽に辿り着かず迷子になって行った先が、

むしろお力を渡すような場所と落ち着かせる水のエネルギー。

お力を地に流した実感はあるのですから、

お力をいただけたことは間違い無く、

水のエネルギーのよってさらに身の内に取り入れる事ができたのですから、

これも間違いなくいただけていた証拠なのです。

いかに欲望が目の前にある宝物を取り逃がすのか検証できたメンバーでした。

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

10月19日(土)15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜  エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

 

10月19日(土)エーテル

11月  9日(土)エーテル

12月14日(土)エーテル

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル

 

 

blueprintjapan.com