team0x’s blog

since 2019-09 / Copyright 2019. team0 All Rights Reserved. ブログteam0x`s の内容を許可なく転載・転用することを禁じます

時間という螺旋構造の中で

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

f:id:team0x:20220509004715j:image
f:id:team0x:20220509004722j:image
f:id:team0x:20220509004719j:image

 

初めて沖縄の師匠のお宅に伺った後、

「見えない声」

に指示され、

日本の各所に赴くことになった話を知っている人は多いと思います。

富士山を中心にした様々な行程を経て、

ヒマラヤへの道が示されました。

 

それ以来、しばらく立ち寄っていなかったその中心地へと、

この富士山から昇る雲に導かれて、再訪しました。

 

何年ぶりでしょうか。

懐かしく数年前の体験が思い浮かぶどころか、

その近くに佇むだけでも細胞の一つ一つに押し寄せるような濃密なエネルギーに圧倒されました。

濃密なエネルギーの流れくる階段を降り、漆黒の闇の中に降りていきます。

当時では感じ得なかったエネルギーの導きがありました。

 

それは

仲間と共に紡いでいく

という行程にリンクした次の扉でした。

エネルギーの学校やエーテル塾のメンバーが、

私1人でやっていた事を共に紡いでいくことによって、

認識しなかったより広い世界が広がっていくのです。

 

あぁ、こうして螺旋状に時の流れは進んでいくのだ。

という感慨と、

時間を外したエレベーター構造の世界はそこに存在しているけれど、

自らの歩みとリンクしていないと見えてこないという事実。

角行さんがなぜここを選んだのかということを垣間見ることができました。

 

古のイニシエーションの場がなぜ漆黒なのか。

先人たちの歩みに触れられたような気がしました。

 

コロナ禍で内的な探索期間が続きましたが、

そろそろ外的な探索もしていきましょう。

実は、それがサカサマになる体験でもあります。

 

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

【2022講座案内】“鎧を手放し自己の本質を生きる” エーテル塾・入門編

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

 

 

 

f:id:team0x:20220506062915p:image

 

ブループリント協会主宰の山本由紀は、長年にわたるエネルギーの世界の探求の中で「エネルギーワークは、それを扱う自己の内的取り組みの積み重ねによってのみ顕現する」と確信しました。その研究・実証のための「エネルギーの学校」と、その土台となる「エーテル塾」では、自己防衛の鎧を脱ぎ自己の本質へと立ち還る具体的な方法を紹介・実践しています。内なる神聖へと向かう日々のたゆまぬ努力こそが、確実な周波数の感知とその伝達を可能とし、結果としてヒーリングが起こりうるのです。「エーテル塾」に参加する精神科医臨床心理士のクライアントへのデモセッションでも、その変容の様子は明らかです。

この度、「エーテル塾」に興味を持ってくださる方のために入門編を開催することになりました。ご自身の本質への道にチャレンジしたい方は、どなたでもご参加ください。初回の全体概要と最終回の総括は山本が、各論と実習は「エネルギーの学校」「エーテル塾」で学ぶメンバーが各人の体験を踏まえてお伝えします。

エーテル体の鍛錬”
エーテル体は、エネルギーを届けるインフラです。伝統的武術に通底する原理を通し自らの身体に出会い直す「刀禅」というボディワークのお稽古で、地に足をつけ直し身体の基準感覚を養うことで、エネルギーワークの土台となるエーテル体を鍛えています。

“YEメソッド”
人はみな、生育過程の中で家族や社会に適応するため、自分なりの「物語」を作り出し、それに即した「鎧」を身につけて生きています。そして、この「鎧」の下には、感情的・エネルギー的な硬結や滞りが存在しています。
YEメソッドは自己を徹見するものであり、日常の感情の揺れをきっかけに自分のパターン化した「物語」や「鎧」に気づき、その下にあるエネルギーの硬結を解いていきます。日常的に実践することで統合されたパーソナリティを確立し、自分の本質へ立ち戻ることを目指します。

エネルギーワーク
エーテル体の鍛錬と自己の徹見は、インフラと感情の交通整理です。この2つの整わないエネルギーワークは、アストラル(想念)の渋滞の中でのイメージでしかなく、的確なエネルギー感知や周波数の使い分けには至りません。

エーテル塾では、自分の状態や傾向性を探る自己チェックの手段としてエネルギーワークを用いますが、その中で自然とエネルギーを扱えるようになっていきます。

【扱う内容】
講義とエネルギーを体感する実習を組み合わせて実施します。
・ヒューマン・エネルギー・フィールド(HEF)/HEFの亀裂とトラウマ、精神と身体
・エネルギーの界層構造・周波数
・鎧としてのパーソナリティから、統合されたパーソナリティへ
・チャクラシステム
・インフラとしてのエーテル体と身体
・自己感情の統制とYEメソッド
・自分の「物語」に気づく物差し:意識の次元・意識の重心

この講座をお薦めしたい方

● 対人支援を行っている方、行いたい方
人は、自分が閉じたり麻痺させている部分があれば、相手のその部分を捉えることはできません。他者を支援するために必要な的確な見立てやクリアなエネルギー感知のためには、YEメソッドによる自己感情の統御が有効です。

 

● 生きやすさを願う方

● 自分の本質を生きたいと願う方
私たちは、人との関係や出来事によって感情が揺れ、自分や相手を責めがちです。YEメソッドでは、その感情の揺れこそチャンスと捉え、その奥にある滞りを探りフリーエネルギー化していきます。実践していくとエネルギーの無駄遣いが減り、以前より楽に生きることができ、本質の自分へと近づきます。

【回数】全5回

【日時】第1回 6月12日(日)11:00~14:00
    第2回 6月19日(日)13:00~16:00
    第3回 7月 3日(日)13:00~16:00
    第4回 7月17日(日)13:00~16:00
    第5回 7月31日(日)13:00~16:00
    ※ 第1回目のみ時間が異なりますのでご注意ください。

【場所】ちよだプラットフォームスクウェア会議室 
    東京都千代田区神田錦町3丁目21
    https://www.yamori.jp/access/
    ・Zoomでオンライン参加も可。

【定員】20名まで(定員に達した後はキャンセル待ちとなります。申込み最終締切:6月10日)

【料金】28,000円(資料代・施設費込み、内税) 

【運営】エーテル塾有志(牛島恵、西島明子、西島千佳、小椋葉子、白川美也子、冨田嘉文、玉木之子、廣田靖子)

ファシリテーター】廣田靖子

【プロフィール】
山本由紀(ブループリント協会主宰)
「この世の本当のことを知りたい」という探究心から、25年以上にわたりエネルギーの世界を探索し、独自のエネルギーワークを提供。精神科医との協働により、ヒューマン・エネルギー・フィールドの亀裂やエネルギー体の状態が精神状態に大きな影響を及ぼし、エネルギー ワークで改善することを数多く経験する。これらの経験の中で、自己の内的取り組みこそがエネルギー感知能力やヒーリング能力を開花させると確信し、その研究・実践・検証のための「エネルギーの学校」と、それに続く「エーテル塾」を主宰する。

【運営メンバー紹介】
エーテル塾で共に学ぶ仲間はバックグラウンドも参加動機も様々です。しかしそれぞれが、みえない世界を学び自分に向き合うことを通じて、足がかりをつかみ、更に深い自分に出会う歩みを進めています。わたし達が学んだ道筋を分かち合うことが、皆さまのお役に立てば幸いです。

牛島恵
人生においていつも内面的な葛藤がありましたが、ここでの学びを通じて、葛藤は自分を深く知るためのサインだと分かり、生きることがシンプルに、楽になりました。ネガティヴを変容させ、本当の意味で自分らしく生きることにチャレンジしています。

西島明子
知らない事を知りたい!という好奇心から2012年よりエネルギーの学校に参加。自分の内なる世界に目を向けると、わからない事ばかり。内面に意識を向けるアイデアをこのコースを通してシェアしたいと思います。

西島千佳
酷い片頭痛に悩み、エネルギーの学校へ通い始めました。エネルギーのことを学ぶうちに酷い片頭痛からは解放されていきました。今では片頭痛は自分の内側からのサインだったと思っています。この体験をいつかシェアするのが目標になっています。

小椋葉子
エネルギーの学校に通う最初の目的はーいかにして超感覚的世界の認識を獲得するかーでしたが、現在はー統合されたパーソナリティになるーことが目標になりました。

白川美也子
2017年にエーテル塾前身の医療関係者クラスを企画。医学や心理療法にエネルギーの視点を加えることに関心を持つが、真の変化を起こすためには自らがエネルギー的に変わるしかないことを痛感し、学びと内的な取り組みを継続。まだまだ入り口。

冨田嘉文
2018年、退職直前にエネルギーの学校に参加。長い間、知識を追い求めてきたが、知識だけが増えても机上の空論。体感・体現できなければ意味はなく、それを目指している。時間はかかるが地道に死ぬまで続けたい。

匂坂多惠子
自分の中に「確かにある」のに、「ないこと」にしなくてはいけないと思い込んでいた自己感情は、実は本質の自分への扉だった! せっかく生まれたこの命をフルに生きたいと、苦しくも楽しく探求の道を進んでいます。

玉木之子
2011年刀禅入会(ユキさん同期)。エネルギーの世界に特に興味は無かったが、人の肉体は時と共に衰え、必ずエネルギーの身体に移行せざるを得ないなら、今から体験しておくのも悪くない、とエーテル塾に参加。

廣田靖子
初めてまだ3年の新入り。クライアントのために学び始めたが「見ていくべきは自分」と気づき、その道を仲間と共に歩んでいる。人生前半は前のめりにエゴ全開で生きてきたが、少しだけ「ただ自分の中にいる心地よさ」を感じ始めたところ。

ブループリント協会HP http://blueprintjapan.com/

【ご案内】
※ Zoomでのオンライン参加も可能ですが、エネルギーの体感などの実習は対応できない場合があります。
※リアル参加とオンライン参加を併用可能です。
※ 毎回実習を行うため、最低1回はリアルでご参加ください。特に2回目は実習がメインとなるためリアルでのご参加を推奨いたします。また、リアル参加された回に、でなかった実習のフォローをします(時間に制約があり全てできかねる場合があります)。
Facebookグループにて、動画や資料を共有します。なお、視聴用の動画は1週間以内にFacebookグループにアップロードします。
※新型コロナウィルスの感染防止対策に取り組みながら進めます。

【主催】ブループリント協会 

【お申し込み方法】
マインドセット・デザインズ 廣田・脇田宛に、以下をご記載のうえメールにてお申し込みください。
メールアドレス:info☆mindset.tokyo.jp

(☆を@に変えて送信して下さい)
件名:エネルギー講座参加希望
ご記載内容:
・お名前
・メールアドレス
・携帯電話番号
・お住まいの都道府県
・ご予定される参加方法(リアル/オンライン) *後から変更も可能です

【お申し込み後】
折り返しこちらから振込先をご案内いたします。振込が完了した時点でお申し込み完了です。
お申込み完了後に簡単なアンケートをお送りいたします。ご協力お願いいたします。

【お問い合わせ先】
マインドセット・デザインズ  廣田・脇田 info☆mindset.tokyo.jp

(☆を@に変えて送信して下さい)

【キャンセル料】
初回開催日の14日前まで無料 、13~5日前 50%、 4~2日前 80%、 前日/当日のキャンセル 100% を申し受けます。

【注意事項】
精神疾患などで治療中の方は主治医の許可を得て、自己責任であることをご了承の上、ご参加ください。なお、講座参加中もしくは参加後症状に変化が生じた場合、責任は負いかねます。
・講座全体の進行や運営を大きく妨げると判断した場合は、参加をお控えいただくことがあります。

 

 

 

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

エネルギーの様々な階梯と次元認識 2022/4エネルギーの学校 

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

この世の多くの人は、

・ 見える世界・物質・現実

・ 見えない世界・エネルギー・気のせい

こんな感じで2種類。

つまり、見えない世界は一括りと認識していらっしゃると思います。

しかし、エネルギーの世界に足を踏み入れ、

周波数を感じ分け、それを使いこなせるように選別していくと、

より広い視野で見ると、

むしろこの物質界層の方が非常に稀な世界だということがお分かりになると思います。

 

この辺りを体感していただくには、

エネルギー感知の要であるエーテルのラインや網を感知するところから始めないと、

全てが気のせいの一括りの世界しか認識できません。

 

「平日クラス」

YouTubeで様々なアーティストの方々の周波数(どこと繋がって表現しているのか)

を見ていきました。

「すごい」

と言われている人たちが、なぜ「すごい」のか。

エネルギーを読み解くとわかってきます。

それは、時代背景や受け取る人々の成熟度によっても変わってきます。

 

セルフケアでは、

「自分」の取りこぼした、スキップしてしまった年齢を1人づつこちらが提示し、

身体の部位の中に残るその「取りこぼされた部分」を杼を使って紡ぎ直す試みをしました。

しかし、何十年も取りこぼしてきたので、

このワークも日々の積み重ねが必要です。

 

杼の実習は、

今までとは違う方向性(仙骨)から始めることにより、

また違うエネルギー様相が見えてくる事を実習をしながら体感していただきました。

 

「土日クラス」

先月の起き上がれない程のエネルギー変容があった杼のワーク後のご様子を伺いました。

土日クラスはフルタイムでお仕事をされている方々が殆どなので、

社会人としての枠組みが色濃いのですが、

今まで硬い扉に閉ざされていたメンバーが、

その扉から顔を出し始めているのがエネルギー的にも確認できて、

杼のワークの奥深さをさらに感じました。

 

そして、

「自分」の次元認識を明確にすることによる関係性の実習をしました。

次元の話では、一対一の関係性の話でしたが、

今回は、グループとしての次元認識と一つ高い次元に向かうことによる関係性をいかに構築するか。

という実習をしました。

この「一つ高い次元認識」には「統合されたパーソナリティ」が必須です。

そして、エネルギー的にもそのグループをホールドできるエーテル網を作ることができるかどうか。

これがポイントになります。

初めての試みだったので、なかなか難しかったようですが、

毎回、少しづつ練習を進めていこうと思っています。

 

土日クラスでも、平日クラス同様、仙骨からの杼のワークの実習をしました。

 

宿題は、仙骨からの杼の作業の練習と、

提示した年齢の自分との繋がりを作り紡ぐこと。

日々の作業になります。

クラスの直前に駆け込んでもバレちゃいますよ〜😄

 

f:id:team0x:20220419092609j:image

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

エネルギーの学校のメンバー紹介 8 ミサヲちゃん

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

 

メンバー紹介が止まってしまっていますが、

ぼちぼち再開していこうと思います。

次なるメンバーは、ミサヲちゃん

 

可愛らしい声と容姿なので、

そんなエネルギーを想像してしまいますが、

彼女のエネルギーに触れると、

ゆったりとした波のようなリズムが立ち上ってきます。

下から暖かくホールドされているようで心地よいのです。

そのふくよかさは、

見た目からは想像するのは難しいでしょう。

ヒタヒタと続くエネルギーは、

彼女が、コツコツと積み上げ努力してきた道のりを感じさせてくれます。

 

おそらくミサヲちゃん本人も、周りの人も、

このおおらかでダイナミックなエネルギーに気づいていないかもしれません。

本当に深いところからのエネルギーです。

自分自身でもこのエネルギーを認識したら、

さらにダイナミックに多くの人に紡いでいかれるのだと思います。

 

イラストレーターとしてとても優秀ですが、

このエネルギーの中で創り出すものは、

また新たな領域を開いていくようにも感じます。

楽しみです。

 

 

f:id:team0x:20220415102933j:image
f:id:team0x:20220415102931j:image

 

 

 

https://youtu.be/CV2P-xsEiYE

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

身体の抒情性とエネルギー その2

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

 

それには、自分の身体という楽器の音を響かせる状態にしておく必要があります。

全ての人がストラディヴァリウス状態になるというのではありません。

シンプル内側と外側を共鳴できる状態にしておくのです。

響かせるには、

お話ししてきたように

自分の身体の歴史をスキップさせ続けないこと。

蕾が綻ぶように開いていくはずだった成長を再体験させてあげる。

機械的ではない身体の抒情性を取り戻すこと。

 

共鳴するための腔も必要であり

(YE領域)

滑らかでしっかりとした弦も必要です。

エーテル体の鍛錬領域)

そして、身体内のみならず、外側の領域と紡ぎ、繋げることによって、

それはなされるでしょう。

 

人同士の共鳴

自然との共鳴

このあたりから始めれば、

その外側に存在するさらに広大な音の世界が次々に開かれていくでしょう。

 

お気づきとは思いますが、

これはアストラルの高い領域との共鳴のお話です。

物質的な身体を保つからこそ味わえる貴重な貴重な体験が味わえるでしょう。

 

 

 

f:id:team0x:20220412075847j:image

 

 

 

 

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

身体の抒情性とエネルギー

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

 

今月の医療従事者クラス・エーテル塾の中でもお話しした

「身体の抒情性」

について。

 

他者のエネルギーを感知するときに、

おそらくご自分ではなかなか気づくことのない領域があり、

それはあたかも、身体・エーテル体では「スキップ」しているように見受けられます。

 

もちろん私も自分の身体の中に、

「自分の身体でありながらも親しみの持てない領域」

があります。

丁寧に丁寧にその部分を見ていくと、

あえて、その部分から目を逸らしてきた様々な要因が見つかってきます。

それは、

社会的に封印することが暗黙の了解になっていたり

様々な関係性の中で「閉じた」方が円滑だったとか

パッケージ教育の中で他者と速度を合わせなければいけなかったり

自分が自然の一部であるというアイディアを提供されなかったり

丁寧に育む時間を与えられなかったり

自分のプライドを保つために当時、「弱さとして認識した」その部分を封印したり

早く大人にならなければという焦りがあったり

その部分に辛い経験があり、共生していくことができなかったり

とにかく、様々な要因があります。

 

そして、歳を重ね、

スキップしたこと自体無意識であったり、

日々の生活に追われてスキップしたことすら忘れてしまったり、

とにかく、自分の身体でありながらも、

忘れ去られた領域がおそらく全ての人の中に存在し、

その部分はスキップしているので、

他者の中にもその部分を見つけることが難しい状態になっています。

 

自分自身のエーテル体領域においても、

その部分の体感もラインも音階も捉えられず、

もちろん外に繋がるラインも多くはスキップしてしまいます。

 

この忘れ去られた領域を取り戻すには、

私はまず、「触れる」

ことから始めます。

自分の手で触れる感触

自分の手で触れられる感触

双方をゆったりと時間をかけて日々味わっていきます。

そして、さらに杼を使い、

エネルギーポイントと隔絶されたエネルギーの網の目を回復させていきます。

 

本来であれば、

自然の一部でもある私たちは、

固い蕾がゆっくりと自分のペースで綻ぶように、

自分の身体が成長する過程を味わい楽しむ事が自然な状態だったのでしょう。

しかし、社会の中で「自分」を機能させるには、

なかなかこの状態は許されません。

だからこそ、それに気づいた今、

自分自身で手をかけてあげると良いと思うのです。

手をかけてあげればあげるほど、

身体は開かれ、

身体が開かれれば、

身体としての自分の中にあるリズムや音階を楽しみ、

さらに、それが外の領域にも呼応して広がっていく事がわかるでしょう。

私たちの身体は、

この世というオーケストラの一員であり、

壮大なハーモニーにいつでも加わることができるのです。

 

f:id:team0x:20220411093558j:image

 

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com


 

2022/4 地に足をつけ直す・医療従事者クラス・エーテル塾

2022年 5月14日(土)中央公民館1階集会室(わら舞)

地に足を着けなおす 15:10〜

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

舞扇・仙骨尺をお忘れなく。

*********************************************************************

・地に足をつけ直す

今月は、刀禅の新たなお稽古領域となる机椅子練行机編の序章を体験させていただきました。

まだ、企業秘密だと思いますので、詳しくは記しませんが、

身体性を培う新たな切り口にワクワクします。

 

・医療従事者クラス・エーテル

あらゆるセッションでは、

恐らく、50%が実際のワークに入る前に決まってしまうのではないかと思います。

今回は、クライアントが入ってきた段階で何を読み取るのか

という実習をしました。

実際に臨床をなさっている方が多いので、

まず、ご自分が日常的な臨床の場でどのような読み取りをしていただいているか伺い、

今まで、このクラスでご提供してきた様々な切り口を使って、

クライアント役の方のエネルギー観察をし、

クライアントの方が口を開かれる前に得られる情報を見ていきました。

性格構造論

次元の位置

意識の位置

HEFの状態

チャクラの傾向性

これだけでも、クライアントが今どの様な状況にいて、

どんなテーマの中にいるのか、

ということが朧げながらに見えてきます。

 

そして、最も大切なことは、

読み取る側のエネルギー状態です。

自分のエネルギーを投影していることは多々ありますし、

自分のいちばんのテーマは顕在意識には浮かび上がって来ないものです。

そして、その隠されたテーマは、

相手へのジャッジとして表出されやすいものです。

その辺りをじっくりと見ていきました。

 

まだまだ、エネルギー観察の入り口に過ぎませんので、

次回もこの続きをしていこうと思っています。

 

宿題は、引き続き、

杼を使いながら自分自身の身体にアクセスし、

より深く親しくなることです。

 

f:id:team0x:20220411084059j:image

 

 

 

 

https://youtu.be/6gi0rg3NQgQ

 

2022年の年間スケジュール

2021年のスケジュール | ブループリント協会


  

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

team0x.hatenablog.com